未分類

超簡単!勝手に腰痛解消!?ヒップアップも!?

超簡単!勝手に腰痛解消!?ヒップアップも!?

今日は、あるものを変えるだけで、勝手に腰痛がなくなり、誰でも簡単にヒップアップしちゃう方法について解説いたします。

o03050218120827newship01-thumb-autoxauto

引用元:b-station.info

元々、私はスゴい腰痛持ちでした。

  • 屈むのが怖い。。
  • クシャミが怖い。。
  • 朝起きるのが怖い。。

という感じ。。

でも、あることをするだけで、その怖さが全くなくなってしまいました

それは、「靴を変える」です。

元々は腰痛改善のため。

野球・アメフト・ボクシング。スポーツで酷使した私のカラダは、ひどい腰痛に悩まされていました。

腰痛の改善になればと、以前から、靴にはかなりこだわりを持ってました。

  • 歩くたびにバランスが取れるサンダル。
  • 最新のクッション機能がついてるスニーカー。
  • 生卵を落としても割れないクッション性のソール。
  • 足の裏のアーチができる靴。

などなど、ありとあらゆるものを試しました。

かなり高額のものをオーダーで作ったり、それを周りに勧めたりもしていました。

でも、疲れが取れるというよりは、

モモの前に余計な筋肉がついたり。。

足にタコができたり。。

と靴からのアプローチでは腰痛はなくなりませんでした。。

shutterstock_150978755

カラダをよくする靴はない!

ここで、発想の転換がありました。それは、

  • 「なぜ、犬や猫、野生の動物は靴をはいていないのに、あんなにしなやかに動けるのだろう?」
  • 「もしかしたら、靴をはくことから一旦離れないといけないのではないか?」

ということです。

お子さんがいらっしゃる方は是非思い出してみてください。

『 子供って、靴下をはくのを嫌がりませんでしたか??』

靴下って、すぐ脱ぎたがるんですよね。 きっと、これが答えだと思うんです。

大人よりもカラダの感覚の鋭い子供達は、靴をはく、靴下をはくことでさえでさえ違和感を感じているんです。

そして出た、結論が、
「靴ではカラダは良くならない」です。

ベストは、裸足で歩くこと

もちろん、骨格的な話です。都会のコンクリートの上を普段裸足で歩くのは難しいですから。

では何をはけばいいのか?

カラダに合った靴とは!?

答えは、クッション性の全くない靴を履く

クッション性が全くない、です。

なぜならば、元々、カラダには関節があります。足首、ひざ、股関節、骨盤。これらが、絶妙なバランスでジョイントしていますし、クッション性が備わっています。

筋肉もそう。

先ほども書きましたが、野生で靴をはいている動物はいません

相当ペットに入れ込んでる飼い主がいない限り、動物は靴をはきません。笑

けっこう高いところから落ちても、飼ってる猫ちゃんワンちゃんでもしなやかに着地しますよね?

筋肉や関節、骨格をしっかりと使えれば、クッション性を引き出す、というより普通に使えるようになります。それはどういうことなのでしょうか?

靴が、カラダが本来持っているクッション機能を奪っている!?

靴のソールがクッション性を持っていると、関節や筋肉はそのしなやかさを失って、

本来のカラダの働きをしなくなります。

クッション性が高い方が、人間はバランスを取るのが難しくなります。

スポーツ選手が、バランスのトレーニングでこんなのに乗っているのを見たことありませんか??

35%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%81pvc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%a8%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99

引用元:ja.aliexpress.com

これは、わざとバランスのとりづらいものの上でバランスを取ることによって、トレーニングをしているのです。

私たちは、靴をはきながら同じことをしているのです。

靴をはいているだけで、知らず識らずのうちに筋肉に緊張を作り、コリや痛みを生み出しているのです。

関節痛やダイエットには逆効果!

クッション性の高いシューズの売り文句、

  • ヒザに良い!
  • ダイエット効果!

というのは、残念ながら幻想です。。

全くクッション性のない靴を選ぶ方が、

カラダ本来の働きを引き出すことができます。

マラソンのトップランナーがはくシューズも、軽量化というのも加味してると思いますが、靴底はとても薄い。

でも、初心者ランナー用のシューズほどクッション性が高いという現状になっています。

むしろ、初心者ほど靴底ペラペラをお勧めします。

※注意点※

ただし、靴底の薄い靴を履き始めると、最初は、腰やカカトに張りを感じたりします。

次は、脚が長く見えるヒールの落とし穴についてです。

ヒールはダメ!?ヒップアップ法!

ヒールをはくと、前重心になり、前モモが張りやすい歩き方になるので、脚の前側が張り、後ろ側がその分緩みます。

そして、残念ながらお尻が垂れます。。歩くときのちょっとしたコツを身につける必要がありますが、ヒールを履いて歩いてもヒップアップは可能です。

※歩き方については、また別で記事を書きます。

まずはヒールからなるべく離れ、

疲れない、それでいてキレイに見える歩き方を身につけることをお勧めします。

なぜ、妊婦さんはヒールをはかないのか??

妊婦さんはヒールははきませんよね?

それは、

  • バランスが悪くなったり
  • 骨盤が歪みやすかったり

して胎児に影響を与えてしまうから。

でも、それは妊婦さんでなくても一緒ですよね?

ある地方自治体では、近海のマグロに有害な成分が含まれているから、「妊婦はマグロを食べてはいけない」という通告があったそうですが、「妊婦がダメなら一般もダメ」です。

次は、靴を変えるとどうなるのか?についてです。

腰痛とは早くサヨナラ!外反母趾にも!?

クッション性の全くない靴を履くようになって、私の腰痛はホントになくなりましたし、私がこのことを勧めた方には外反拇趾が劇的に改善してきた方もいます。

理に適ったことをしていれば、カラダは元に戻っていくのです。

基礎的な知識として、筋肉は、カラダを支えるためではなく、カラダを動かすためについてます。骨は、カラダを支えるためについています。

ならば本来の得意分野である、

骨でカラダを支えて、

筋肉でカラダを動かせばいい。となります。

筋肉が正しい位置に戻れば、余計なかたさや負担が掛からなくなるので、私の腰痛はなくなったようです。

余談ですが、面白いことに、クッション性のない靴を履いていくと、靴のサイズはダウンします。小さくなる。

ダボっとしていた足の裏に、本来のアーチに戻るためです。

 

毎日はく、

当たり前のことに、当たり前が隠れています。

でも、当たり前すぎて気づかない。是非、常識から視点をちょっとズラしてみてください(^^)

 

オススメの靴はこちらです。

ワラーチ

オリジナルワラーチ作りワークショップも開催してます(^^)

4851c3493759bd4c2c4b5d07dd577978d4912e5c

引用元:minne.com

TOMSのシューズ。

底が若干硬いものの、おしゃれで合格点です。

ws000266

引用元:shoeskajyuaru.blog.fc2.com

足袋とTOMSを合わせた感じ。

ネットで、「たびぐつ」と入れると出てきます。imgrc0069886283

 

引用元:item.rakuten.co.jp

こちらが、機能的にはもっともオススメ。

見た目にこだわらない方は、こちら。

熊本のボランティアに行った時に、屋根にもスイスイ登れて、海の岩場とかも滑らない優れもの。tabigutu-kon

 

引用元:item.rakuten.co.jp

 

aaa

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

目指すのは、ハイスタンダード・コンディショニング!

さぁ、習慣をデザインしよう!
不調は好調に、元気はもっと元気に、ご機嫌ナナメは真っ直ぐに!!

押さない・揉まない・ほぐさない整体で人生まるごと整えましょう。
その先の笑顔にお連れします。



UCIRコミュニティーの詳しい情報はコチラです!

http://saitomune.xsrv.jp/

◆発行者情報
発行者:齋藤宗隆
問い合わせ先:
saito@rakuraku-karada.com

ブログも更新しています!

ザ・整体革命
http://rakuraku-karada.com/

アメブロ:整体師・コンサルタント 齋藤宗隆のブログ
http://ameblo.jp/saitodesuka-saitodesu/

UCIRブログ:ココロとカラダの境界線を超え、可能性を切り拓く
http://ucirm.com/

-未分類